FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-29 20:03 | カテゴリ:未分類
関東ICで、日本大学が、総合、トラック優勝です。おめでとうございます。

〇総合
1 日大  132
2 順大  105.5
3 筑波大  85

〇トラック
1 日大   77
2 東洋大  60.5
3 中央大  58

4×400mRでも圧倒的な強さを見せつけたようです。
1 日大 3:04.96
(1)水谷 祐己(3)
(2)柳澤 純希(4)
(3)川元 奨(3)
(4)山﨑 謙吾(3)
2 中大 3:06.73
(1)法月 秀平(4)
(2)横山 直広(2)
(3)皆木 佑太(2)
(4)木村 淳(4)
3 早大 3:07.07
(1)愛敬 彰太郎(1)
(2)竹下 裕希(3)
(3)永野 佑一(3)
(4)野澤 啓佑(4)

寺田的陸上競技WEBに以下の記事

最終種目の4×400 mRを3分04秒96の好記録で制したのは日大だった。1走から400 m6位の水谷祐己(3年)、同5位の柳澤純希(4年)、800 m優勝の川元奬(3年)、400 m優勝の山崎謙吾(3年)のメンバー。4選手のラップ(非公式手動計時)は以下の通り。
水谷:46秒80
柳澤:45秒89
川元:46秒87
山崎:45秒40
 1走の水谷がトップ争いをして短距離主将の柳澤にバトンを渡すと、2走のオープンになった時点で柳澤がトップに。3走の川元が100m付近で早大に抜かれたが、最後の直線で抜き返した。4走の山崎は前半200mを21秒35(手元の手動計時)で通過して2位以下を大きくリードすると、2位・中大に1.77秒差をつけて圧勝した。
(http://www.rikujouweb.com/)

日本ICでのより研ぎ澄まされた戦い、記録への挑戦が楽しみです。

我が陸上競技部、どこまで成長して、いかに戦う土俵に上がるか、目標が明確になりました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。