FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-01 10:52 | カテゴリ:未分類
 1月21日の部員日記で木村さんが今の部の雰囲気のことについて書いています。昨年暮れから今年にかけて、部全体に関わるいろいろなことを耳にします。けっしていいことばかりではありません。

確かに木村さんの言うように、根本は一つの目標に関して部員全部が一つになるといった意識が希薄という指摘は私が感じていることよりも女子リーダーとしての立場から、木村さんの方が身近で実感があり、解決に向かってあれこれ考えた末ことだと思います。

「皆さん、今のクラブの雰囲気、どう思っているの。何とかしましょう。このままだったら、戦える集団でなくなりますよ」といった心の叫びだと思います。

 先日研究室で短い時間でしたがT君と練習の雰囲気について話をしました。その中で「最近、練習中にしんどいしんどいという言葉が部員から口癖のように出てきています。僕は練習はしんどいというより練習は楽しいのですが、しんどいっていう言葉は、練習の意欲をそぎますね」

どんな練習でも、目標を明確にもっているT君にとっては、「楽しいこと」になります。苦しくっても練習を楽しむことができること、アスリートの一つの行き着くところです。

「しんどいこと」当たり前です。人は「しんどい」という言葉を口に出したとき、声にしたとき、そのしんどさを実感します。しんどさを別の言葉で表現できたとき、その言葉の意味合いで「しんどいこと」を次元の違う言葉として感じるとることができます。

人は言葉によって、身体のいろいろな現象を実感します。また、人は言葉によって動きます。

1月15日島貫、1月17日赤井、1月21日木村、1月24日橋目、1月25日林 今年4回生になる人たちが部員日記にいろいろな思いを書いてします。みんな、部のことを思い真剣です。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。