FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-18 01:38 | カテゴリ:未分類
RIMG0032.jpg


部員日記はそれぞれの人柄を垣間見ることができます。

吉峰さんが「もこもこに、着ぶくれて」、「ラクラク登山道」、「チクチクの雑草」「うずうずする季節」等々、響きある言葉を繰りかえし、春を待つリズムある快い文章を作っています。そして物事に対する積極的なとらえ方、考え方がいいですね。
「調子がよくない選手にとっては、焦りや不安を感じる季節かもしれません。しかし、絶対に腐らず、元気を出していきましょう。毎日ベストの練習を積んで、いい走りの自分を期待したいです。きっと、時期が来ると、春に新芽が伸び出すように、成長がはじまります」

こんな言葉も気持ちいいですね。
「自信を持って、陸上を思いっきり楽しみたいです」

ケガをし、苦しんでいる田中佳啓君の「普段出来ない練習を出来るのでこの故障を逆にラッキーと考えたいと思います。シーズンで復活できるように1日1日を大切にしていきます」という言葉、不甲斐ない自分への新たな取り組みを期待します。一日一日、一瞬一瞬を大事にしてもらいたいものです。

一昨日、山崎さんの書いた「今体調を崩している人や怪我をしている人は一日でも早く回復してほしいです。私自身も気を付けます…(>_<)全員揃って練習がしたいです」と結ばれる部員日記、多くの部員の切なる願いだと思います。

切なるとは、大げさと思われるかも知れませんが、脆弱な自分、目標を見失う自分、今何をすべきか、一秒先の自分が見えない自分、言い訳する自分、そんな戸惑いの中から抜け出せない人たちを敏感に感じ取り、苛立ちながらの励ましの言葉です。

誰もが思います。練習はしんどい。いつもいい結果が出るわけでもない。練習すれども記録は伸びない。結果も出ない。苛立ちから始まり、いろいろ試みようとしますが、すべてそううまくいくはずがないです。もちろん私もそうでした。

すべてのアスリートは、いつも自分と向き合い、悩み、苦しんでいます。壁のない、壁にぶち当たることのないアスリートはいません。ある意味で、一歩動くことが、大きなチャレンジです。すべてのアスリートは、常に何かを乗り越え歩んでいます。

新しいスキルを獲得しようとしたとき、越えなければならないこといっぱいありますね。今までのスキルの放棄、身体体なものから、心的なものを捨て去る勇気、必要ですね。

RIMG0024-1.jpg
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。