FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-10 22:19 | カテゴリ:未分類
 夕方、仕事を終え、グラウンドへ。午後5時を過ぎていました。投擲ブロックと何人かの部員が練習をしていました。今日、明日から各地で府県選手権大会が開催されていますので、また、時間も時間ですので人はまばらです。
 練習を終えたF君をつかまえ、前期試験のお話。「試験近づいて来たね。そう言えば、F君、相当単位を落としていたね。授業はどうだね。ちゃんと行っている」「はい、一生懸命行っています。」「ほんとうだろうな。でも行っているだけではダメだぞ。しっかり単位を取ること。」「はい、分かっています。頑張ります。」「頑張りますではなく頑張っていますでしょう。」「はい、・・・」とたわいもないお話。
 F君は一般生ですが、最も単位取得が少ない学生です。
 そのF君、突然、「監督、祐満、めっちゃやばいですよ。めっちゃやばいんですよ」と連呼。「えっ!、祐満もそう言えば、勉強は・・・・、授業はちゃんと行っているとこと前は言っていたけれど、心配・・・」と心配言葉を返すと「違うんです。さっき情報がはいったのですが、400mで 46.・・で走ったとか。すごいですね。やばいですね・・・」と興奮気味に話しかけてきました。勉強、試験、単位取得のことではなく、出した記録がやばいと。
 すぐさまラインで確認を取ると、井上コーチより、ゆうま46.67出しましたと、午後5時に報告が入っていました。
大阪選手権大会400m予選で、自己記録を大幅に更新をしていっきに46秒半ばの近畿大学記録(高橋寿章 46.57 1993)に迫るものです。
この記録は先日新潟で行われた日本選手権大会400m決勝4位に入賞した順天堂大学北川君と同記録。F君のやばいですよ、というのも十分に理解はできます。
もちろん、気象条件、施設会場の相違があり、単純には比較できんませんが、強くなりつつあるということは事実です。今まで、持つことも、持とうとして持てなかった「自信」をしっかり持ち、さらに記録だけではなく、勝つことのできる選手になるために練習に励んでほしいものです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。